記事No.332ニュースレター186号(2006.10) タウンモビリティ楽会


 10月タウンモビリティ楽会例会開催  9月の例会では、日本福祉のまちづくり学会第9回全国大会(8/26〜28)に参加した楽会会員から報告がありまして。福祉のまちづくりにタウンモビリティ活動が有効であることが、タウンモビリティ展示コーナー、試乗社会実験、セッション発表を通してアピールできたのではないでしょうか。久留米の取り組み発表の中では、具体的に数値にて経済効果分析などされており大変刺激になりました。第2回全国タウンモビリティ研究会前夜祭&タウンモビリティ楽会例会(8/28)では、北九州市八幡地区折尾タウンモビリティ社会実験への取り組みや宮島におけるタウンモビリティ導入企画、広島タウンモビリティ活動10周年記念大会企画など新たなテーマが提案されました。第2回全国タウンモビリティ研究会(8/29)では、緑井地区視察、寸劇を通して参加者の方々から意見、提言があり今後の活動に弾みがつきました。これからも「お出かけしやすいまちづくり、出かけたくなるなるまちづくり」の実現のため「志を立て続けて、元氣、やる氣、本氣」で頑張りましょう。 日時:平成18年10月25日(水)18:30〜  場所:中国・地域づくり交流会サロン  内容:)牟綵H幡地区折尾タウンモビリティ社会実験について(10/22) ◆峅雜酳欷韻畔〇磴里泙舛鼎り」in海田町の参加について(11/11) 9島タウンモビリティ活動10周年記念大会について(11/11) い修梁勝(世話人 久保田博)



前の記事c-hausサイト記事一覧
TOP戻る