記事No.333ニュースレター186号(2006.10) 鳥取の池本さんが経済産業相から感謝状


交流会の会員の池本さん(写真家)が1983年から地方での暮らしや営みで記録し、見せの風景として「近世店屋考」を出版したのが認められ、経済産業相から感謝状が贈られました。 感謝状には「頑張っている商店主や職人たちを撮りつづけた池本さんの活動は、郊外への大型店の新規出店を規制する「まちづくり三法」の改正など、新しいまちづくりが議論されるなか貴重で有意義」と書かれています。 池本さんも「23年コツコツと記録し続け、本当によかった。努力が報われたと」、まちづくりへのアプローチは様々です。思いも様々。そして継続は力なり。



前の記事c-hausサイト記事一覧
TOP戻る